弾力やハリがないお肌に!原因や今すぐできるケア方法&おすすめ商品を紹介!

2020.11.5 お悩み

弾力やハリがないお肌に!原因や今すぐできるケア方法&おすすめ商品を紹介!

年齢を重ねるにつれて、以前よりもお肌の弾力やハリ不足を気にすることが増えてきた方も多いのでは?いくつになっても若々しさを保ちたい私たちにとって、老けて見えるお肌の弾力やハリ不足は大きな悩み。

そこで今回は、ハリのなさや弾力不足の原因をはじめ、今すぐできるハリ・弾力ケアの方法や対策に役立つおすすめの商品を紹介します。

ハリのなさや弾力不足を引き起こす原因とは?

お肌のハリや弾力に関係する保湿環境の部分は、成分の70%~90%はコラーゲンという繊維状のタンパク質。そのコラーゲンに絡みつき、ゴムのように伸縮するのがエラスチンという成分で、残りの約5%を占めています。

お肌のハリはコラーゲンとエラスチンによって保たれています。しかし、年齢を重ねるにつれコラーゲンやエラスチンが減少するため、結果としてお肌のハリや弾力が失われることに

ハリのなさや弾力不足に悩む女性に多い生活習慣

ハリのなさや弾力不足に悩む女性に多い生活習慣

お肌のハリや弾力を保つために欠かせないコラーゲンやエラスチンが減少する原因は、加齢だけではありません。ここでは、ハリ不足や弾力不足につながる生活習慣を、4つの項目に分けて紹介します。

 

運動不足

一つ目は運動不足。運動不足の生活が続くと血行が悪くなり、体内の老廃物を排出しにくくなるため、新しく生まれ変わる細胞の力を阻止して新陳代謝を低下させます。

お肌が一定のサイクルで生まれ変わることを「ターンオーバー」といいますが、新陳代謝が低下するとターンオーバーにも乱れが生じるため、乾燥しやすくなりお肌のハリのなさや、弾力不足などの肌トラブルにつながることも

また、運動不足も女性のお肌には注意が必要。運動はお肌のハリや弾力の元となるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の働きをサポートします。

お肌のハリのなさや弾力不足が気になる方は運動する習慣を身につけて、運動不足を解消しましょう!

睡眠不足

二つ目は睡眠不足。仕事や家事・育児などに時間を費やすことの多い女性は、睡眠不足になりやすいかもしれませんが、お肌のためには質の良い睡眠を十分に取ることが大切。

睡眠中には、お肌のハリを保つために欠かせない皮脂や水分が、最も多く分泌されます。皮脂や水分は肌のコンディションに関係しているため、睡眠不足によって皮脂や水分の分泌量が減少すると、ターンオーバーが乱れたり、ダメージを負ったお肌の再生に影響を与えたりします。

また、お肌のハリや弾力を保つ元となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する繊維芽細胞も活性化しにくいため、お肌のハリのなさや弾力不足が気になる方にとって睡眠不足は大敵ということになるのです。

家族に協力してもらったりすることで、ぜひ睡眠時間を確保する工夫を。どうしても睡眠時間が不足する場合は、睡眠の質を高める工夫も必要です。

喫煙

三つめは喫煙。喫煙により血管が収縮して一酸化炭素が発生すると、肌細胞へ必要な酸素を届けることができず酸素不足になるため、潤いやハリ、透明感が低下。また、タバコの成分が発生させる活性酸素により、コラーゲンやエラスチンの生成力が低下するため、お肌のハリや弾力が失われます。

喫煙は代謝の低下やホルモンバランスの乱れにもつながるほか、見た目の老化を加速させるとも。お肌のハリや弾力不足でお悩みでしたら、禁煙するのがベストです。

食生活の乱れ

最後は食生活の乱れ。年齢を重ねると、基礎代謝が低下するため太りやすくなります。若い頃と比べると痩せにくくなった…と感じる人も多いのでは。極端に食事量を減らしてダイエットしようと思うこともあるかもしれません。

しかし、栄養バランスの取れた食事をしなければ、お肌に十分な栄養素が行き渡らなくなります。食事量を減らしたり偏食をしたりということも、お肌のハリを保つために必要な栄養素が不足する原因に。

食材や調理方法が偏らないように気をつけながら、栄養バランスの取れた食事を摂るように心がけて。

今すぐできる年齢肌ケア

今すぐできる年齢肌ケア

ハリのなさをはじめとする年齢肌の悩みを改善するために今すぐできるケア方法として、生活習慣の改善・マッサージ・保湿の3つに分けて説明します。

 

生活習慣の改善

生活習慣を改善しても、お肌のハリのなさや弾力不足という悩みがすぐに解消するわけではありません。しかし、長期的に行なえば、改善と予防に効果的なので、ぜひ取り入れてみて。

 

運動不足を改善

お肌のために必要なのは「適度な運動」です。まずは、ウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動で血行を良くして、新陳代謝をアップ!筋トレやヨガ、ピラティスなども効果的ですが、無理をせず、楽しく続けられる運動を選ぶのもポイントです。

目標は1日に1時間を目安として週3~5日の運動。それが無理であれば最低でも1週間に1日は運動できるように。1時間連続して運動するのが難しい場合は、20分×3回のように分けてもかまいません。運動する時間帯にも決まりはないので、ライフスタイルに合わせて運動しやすい時間帯を選んでみて。

ただし、夜に強度の強い運動をすると自律神経のバランスが崩れやすくなるので、ヨガやストレッチなどの軽い運動がおすすめ。動画サイトにはヨガやストレッチを紹介している動画もたくさんあるので、簡単なものからチャレンジしてみるのも◎。

睡眠不足を改善

朝は太陽の光を浴びましょう。光の刺激で合成される「セロトニン」というホルモンは、睡眠と成長ホルモンの分泌を促す「メラトニン」に変化します。メラトニンは夜になり暗くなると自然に分泌されるので、寝る前はパソコンやスマートフォンの画面をできるだけ見ないようにして、睡眠時は室内を暗くして。

また、質の良い睡眠を取るために、百会(ひゃくえ)というツボを刺激したり、鎖骨下の筋肉を指先で軽く叩くマッサージをしたりするのもおすすめ。

百会(ひゃくえ)のツボは両耳をつなぐ直線と眉間の中心線が交わるところにあるので、気持ち良いと感じる程度の強さで、小さい円を描くように刺激してみて。

喫煙をやめる(禁煙)

タバコを吸っていると、スキンケアを丁寧に行なっていても効果が出にくくなります。どうしても禁煙できないのであれば、禁煙外来を受診して医師の指導を受けるという方法もあります。条件に該当すれば保険が適用されることもあるので、一度相談してみても良いでしょう。

食生活の乱れを改善

食生活の乱れを改善

栄養バランスの良い食事といわれても、漠然としていて何を食べれば良いのかわからない…と戸惑う方のために、意識して食べたいものと、おすすめの調理方法を紹介します。

・【肉、魚、卵】

動物性タンパク質やビタミン、ミネラルなどがバランス良く含まれているため毎日食べたい食材ですが、脂質も含まれているのでヒレ肉やモモ肉などの脂身が少ない部位を選んで。蒸したり茹でたりすると余分な脂を落とせるのでおすすめです。

 

・【野菜、きのこ類】

ビタミンが豊富に含まれているため、積極的に食べたい食材です。にんじんやブロッコリーなど、脂溶性のビタミンAやビタミンEが含まれているものは油と一緒に摂ると吸収率が上がるため、炒めものがおすすめ。なお、野菜は火を通した温かい料理にすることで身体が温まり、血行や新陳代謝を促進します。

・【海藻類】

ミネラル豊富な海藻類は、1日50gを目安に摂りましょう。塩分の摂りすぎを防ぐため、わかめは酢の物などにするのがおすすめ。

・【大豆製品】

豆腐や納豆などの大豆製品には、タンパク質や脂質、ビタミンB1、ビタミンE、鉄、銅、亜鉛などの栄養素がバランス良く含まれているため、できるだけ毎日食べたい食材です。ただし、醬油や味噌などで塩分を摂りすぎることもあるので、注意が必要。

・【発酵食品】

善玉菌が含まれている発酵食品が腸内環境を整えてくれることで、お肌の状態も整いやすくなります。便秘や下痢で悩んでいる方にもおすすめ。ヨーグルトやキムチ、味噌、納豆、チーズなどに含まれています。

例えば、朝食は卵、昼食は肉、夕食は魚などとメインを決めて、味噌汁の具や副菜にはほかの食材を使う、同じ食材を続けて使わないなどの工夫をすることで、さまざまな種類の食材をバランス良く食べることができます。

マッサージ

お顔のマッサージをすることで血液やリンパの流れが良くなり、お肌に栄養素が行き渡る手助けになるほか、むくみの解消にもつながります。ほうれい線を目立たなくしてハリのあるお肌に見せるマッサージや、フェイスラインを引き締めるマッサージなど、3種類のマッサージをご紹介。

毎日のケアにおすすめのマッサージ

美容液やクリームを手のひらに伸ばし、次の順番でマッサージをします。

1.アゴから両耳へ

2.鼻先から髪の生え際へ

3.眉の上から髪の生え際へ

4.小鼻からこめかみへ

※爪を立てたり強く押しすぎたりしないように注意。

 

ほうれい線が薄くなるマッサージ

お顔全体にクリームを塗ったあと、次の順番でマッサージをします。

 

<口まわりのマッサージ>

口まわりのマッサージ

  1. 口を半分開け、口角の下にある筋肉にグーにした状態の手を添える。
  2. グーにした状態の手を外回りに10回ずつマッサージする。

 

<鼻の下のマッサージ>

鼻の下のマッサージ

  1. 鼻の下に両手の人差し指と中指を垂直になるようにおく。
  2. 指を小さく上下させて10往復マッサージする。

 

<リンパを流すマッサージ>

1.人差し指の第二関節を曲げカギの形を作る。

2.カギの形にした指を、頬骨の下から耳たぶの下を通り鎖骨まで、リンパを流すようにマッサージする。

 

フェイスラインを引き締めるマッサージ

耳の手前と後ろ側に乳液やクリームをつけ、次の順番でマッサージをします。

1.人差し指と中指をこめかみの少し下におき、耳のキワを通って上から下に下ろす。

2.耳の後ろ側も同じように上から下へマッサージする。

3.耳の手前と後ろを各20回行なう。

※ストレス解消やリフレッシュにも効果的です。

保湿

保湿

お肌が乾燥するとバリア機能が低下して、お肌の水分量を保てなくなります。さらに、紫外線の影響がお肌の奥まで届くようになってしまうため、ハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチンが破壊されてしまいます。

 

そのため、お肌のハリのなさや弾力不足をケアするために重要なのは、やっぱり保湿。保湿はほかの方法と比較しても短期間でケアできるうえ、水分量の向上だけではなく、お肌のバリア機能もサポートしてくれます

洗顔後はすぐに化粧水と乳液でスキンケアをし、お肌の水分が蒸発するのを防いで。今まで使っていたものでは十分な効果を感じられないという場合は、保湿効果の高いアイテムに変えてみても。特に乾燥が気になるときは、シートマスクを使って保湿するのもおすすめです。

お肌のハリのなさや弾力不足は、生活習慣の改善で長期的なケアをしつつ、マッサージや保湿で短期的なケアをすることで悩みの解消につながります。

シートマスクをしながらお肌に水分が染み込むのをイメージしたり、マッサージをしながらハリのない肌が引き締まるのをイメージしたりなど、楽しみながら続けていきましょう♪

ハリのなさや弾力不足対策にぴったりのおすすめ商品

ハリのなさや弾力不足に対する短期的なケア方法では保湿が重要だということで、シートマスクの利用をおすすめしました。

しかし、お肌の保湿におすすめの美容マスクは多くの種類が販売されているため、どれを選べば良いのか迷うという方もいるのでは?そんな方には『レグルフェイシャルマスク』をおすすめします。

レグルフェイシャルマスク〈TONE UP〉

レグルフェイシャルマスク〈TONE UP〉

美容成分たっぷりの「真珠エキス」を贅沢に配合したフェイシャルマスク。お肌の乾燥を防いでしっかりと保湿しながらキメも整えてくれるので、透明感のあるハリ・ツヤを感じるお肌に整えてくれます。さらに「オタネニンジン根エキス」は、その保湿効果で低下しがちなバリア機能もサポート。

お肌に密着するシートには厳選された和漢エキスを含む美容液がたっぷり28mlも使われているので、しっかりと保湿してくれるのはもちろん、乾燥によるくすみ解消にも効果的。また、本商品は香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコール(エタノール)は不使用。スーッとしたつけ心地を楽しんでみてください。

特別な日のスペシャルケアとしてもおすすめの『レグルフェイシャルマスク〈TONE UP〉』で、潤いと透明感のある素肌を目指しましょう。

レグルフェイシャルマスク〈DEEP MOIST〉

レグルフェイシャルマスク〈DEEP MOIST〉

お肌の乾燥がひどくて一般的な保湿ケアでは物足りないという方におすすめな『レグルフェイシャルマスク〈DEEP MOIST〉』。

乳液タイプの美容液が含まれているので保湿力は抜群で、使用後のお肌はもっちりとした心地よさを実感できます。美容液には厳選された和漢エキスがたっぷり含まれており、特に高級食材としても知られる「アナツバメの巣エキス」を贅沢に配合。ハリのある肌に導く、とっておきの美容マスクです。

香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコール(エタノール)を使用していないため、乾燥して敏感になったお肌にも。

とにかく保湿をしたいという方は、潤いのあるハリ肌を目指す『レグルフェイシャルマスク〈DEEP MOIST〉』を一度お試しください。

おわりに

年齢肌を意識し始めた女性が悩みがちなハリのなさ・弾力不足は、加齢によってお肌にあるコラーゲンやエラスチンが減少するために引き起こされるのですが、生活習慣や、お肌の乾燥も影響しています。生活習慣の改善は効果が実感できるまで時間がかかるので、長期的なケアとして無理なく楽しみながら続けられることが大切。

一方、お肌の乾燥を防ぐ保湿ケアやマッサージは比較的早く効果を実感できるため、短期的なケアとして毎日のスキンケアに取り入れてみて。おすすめ商品として紹介した『レグルフェイシャルマスク〈TONE UP〉』や『レグルフェイシャルマスク〈DEEP MOIST〉』は、保湿ケアにぴったりの美容マスクです。

年齢に関係なく若々しい印象のお肌を維持するために、楽しみながら生活習慣の改善や保湿ケアを続けていきましょう!

K-to. Pick Up Item

スムークの高保湿クリームでお肌を冬の感想から守ります。

タグ : スキンケア フェイシャルマスク 肌のハリ 肌の弾力